ちしろだい映画会『山下清物語 裸の大将放浪記』

放浪の天才画家山下清を描いた、笑いと涙の感動作品!!

公演概要

【日程】
2018年1月21日(日) 

午前・午後の2回上映!                      

①10時上映開始 ( 9時45分開場)
②13時上映開始 (12時45分開場)
【会場】
千城台コミュニティセンター1階 多目的室 
【料金】
無料:自由席(どなたでもご鑑賞できます)

定員:各回120名

   *先着順:満席の場合入場をお断りする場合があります
【出演】
芦屋雁之助  中村玉緒

放浪の天才画家、山下清の生涯を限りない感動と溢れるユーモアで描く心の名篇!!                            山下清を芦屋雁之助、ふじを中村玉緒が熱演。

 

〈ストーリー〉

父親のいない清は知恵おくれの子で、家は貧しく、小学校ではいじめられてばかりいた。「もっと強くなっておくれ」と母の言葉に発奮した清は、いじめっ子たちをやっつけ、危険な不良児童として、教護施設、八幡学園に入れられた。そこで、清は貼絵でその才能を発揮、やがて安井曽太郎画伯、式馬隆三郎先生に認められることになった。清はきめられた生活に飽き、放浪の旅に出る。十八歳だった。「ボ、ぼくは頭は悪いし、体は弱い。しかし、一所懸命働きますから、使って下さい」と湯川家の下働きとなる。子供たちにバカにされ一年が過ぎると、また清は旅に出た。兵隊検査も我れ関せず、山の見える鉄道線路を、背にリュック、下駄ばきスタイルの清が行く。駅の待合室を仮の宿にユウユウ自適ののんびり暮しだ。その頃、清の作品がアメリカの雑誌「ライフ」に注目され、新聞は日本のゴッホはどこにと書きたてられ・・・・・・・・・・  (1981年度作品:117分) 

 

 


お問い合わせ

千城台コミュニティセンター   今後のちしろだい映画会開催予定   [奇数月の第3日曜日開催です!]   3月18日(日)