お知らせ

  • 【重要】各諸室の定員制限解除について(6/10更新)

    施設の利用について、定員制限が一部緩和されました。
    ※利用制限の詳細は下記ご参照ください。制限内容の変更はございません。

    【利用制限】
    <利用制限等の期間>
    当面の間(国・県・市等からの新たなガイドラインが示されるまで)

    【入場者制限について(継続)】
    各部屋の定員は以下の通りとなります。※一部変更あり

    チェックシート・参加者名簿のダウンロードはこちら

    メインホール
    歓声等がない公演100%(354席)
    歓声等のある公演 50%( 177席 )
    ※共に車いす席含む
    ※大声のない催物であっても、一律100%の運用ではございませんので、公演当日の運営方法など。
    詳しくは、舞台担当者との催事打合せ時にご相談頂きます。
    ※楽屋の人数制限が解除されました。 

    音楽ホール
    歓声等がない公演100%(152席)
    歓声等のある公演 50%( 76席 )
    ※共に車いす席含む
    ※大声のない催物であっても、一律100%の運用ではございませんので、公演当日の運営方法など。
    詳しくは、舞台担当者との催事打合せ時にご相談頂きます。
    ※楽屋施設の定員が解除されました。 

    4階施設
    人数制限が解除されました。
    ※100%でのご利用にあたりましては、ソーシャルディスタンスの確保、会話時のマスク着用など感染症対策を十分に行ってください。


    【施設の利用にあたって】
    引き続き感染症拡大防止のための取り組みを行います。
    施設の利用にあたっては、体調が優れないときは利用を控えるなど、感染症対策へのご協力をお願いします。

    【催し物実施の際の諸注意】
    注意事項1【発声を伴う活動(飛沫感染リスクの高いもの)】
    ◆ 合唱者間の距離は前後2m以上、左右1m以上確保し、向かい合う配置は避けること
    ◆ 指導者・伴奏者との距離を確保すること
    ◆ 歌唱・発声を伴う場合、マスクを着用すること(ホール施設4名以上、4階施設2名以上でご利用の場合)
    ※フェイスシールドのみでの使用は不可。マスクを着用すること。
    ◆ マイクは原則1人1本で利用すること。使いまわす場合は、マイク使用者全員がマスクと手袋を着用し、使用者が変わる毎にマイクの消毒を行うこと。
    ※マイクカバーを取り換えるだけでの使用は不可。
    ※フェイスシールドのみでの使用は不可。マスクを着用すること。
    ◆ 体操等のウォーミングアップは身体的接触をしないように注意すること
    ◆ 連続した練習は30分以内とすること
    ◆ 楽譜・プリントなどの共有を避けること
    注意事項2【身体接触を伴うもの(接触感染リスク高いもの)】
    ◆ 特定のペアで練習し、ほかのペアとは1~2m以上離れること
    ◆ 歌唱・発声を伴う場合、マスクを着用すること(ホール施設4名以上、4階施設2名以上でご利用の場合)
      ※フェイスシールドのみは不可
    ◆ 連続した練習は10~15分以内とすること
    ◆ 物品の共有は避けること
    ◆ 大声で話さず静粛を保つこと


    【非接触体温計の設置について】
    各ホール正面入口に非接触体温計を常設致しました。
    主催者様は、ご自由にご利用頂けます。

    【チェックシート、参加者名簿】
    ご利用の際にチェックシート、参加者名簿の記入が必須となります。
    詳細は下記ご確認ください。

    参加者名簿の作成をお願いします。(出演者様・ご来場者様)
    感染症拡大予防対策の一環として、施設をご利用いただく全員のお名前、電話番号・体調等”をご記入ください。 参加者名簿は、保健所等へ提出を求められる場合がございますので、1か月間の保管をお願いいたします。

    そのほか、施設のルールを守ってご利用ください。

Translate »