チアフェスティバル2020『O-EN』

公演概要

【日程】
好評につき、早稲田大学応援部公式ouTubeチャンネルにてアーカイブ配信決定!

======================================================
千葉市若葉文化ホール主催“いきがいづくり事業”
チアフェスティバル2020『O-EN』 配信中!
======================================================
アーカイブ配信(早稲田大学応援部公式YouTubeチャンネル)

【出演】
早稲田大学応援部
・リーダー
・吹奏楽団
・チアリーダーズ“BIG BEARS”

【はじめに】
今回の企画は、当初、創部80周年を迎えた日本を代表する応援部である早稲田大学応援部を若葉文化ホールに迎え、NHK「エール」にて応援歌『紺碧の空』が取り上げられた後の7月上旬、東京オリンピック・パラリンピック開催前に通常公演を予定していましたが、新型コロナウイルスの状況を受け、有観客での開催を断念し、若葉文化ホール初の配信ライブとして、応援パフォーマンスを披露することとなりました。
応援において、センターリーダーのテク(指揮)には、歌舞伎の「八方」や「見得」に由来すると思われる所作があり、日本の伝統芸能の流れを見ることが出来、「応援」自体が、ひとつの文化であると考え企画を決定致しました。
コロナ禍で不安を抱える皆様へエールを贈るべく、本企画を“いきがいづくり事業”として、若さに溢れた力強い“応援”が、皆様を元気にし、笑顔にしてくれますことを願い、『O-EN』を配信いたします。

【概要】
NHK『エール』で応援歌「紺碧の空」が取り上げられ、注目されるも、様々な活動を制限された早稲田大学応援部。
令和2年度リーダーには、宮川主将(千葉市立稲毛高等学校)、大久保学生誘導責任者(千葉県立千葉南高等学校)と、千葉に縁のある部員もおられます。
東京六大学野球2020年秋季リーグ戦で、早慶戦が優勝決定戦となる中、劇的な勝利を掴んだ早稲田大学の活躍は、間違いなく早稲田大学応援部の力なくしては語れないはずです。
コロナ禍の今、早稲田大学応援部が、皆さまへ“エール”を贈ります。

Translate »