お知らせ

  • 【重要】千葉市「文化芸術発表支援」のご案内(8/5更新)

    平素より千葉市美浜文化ホールをご利用いただき、誠にありがとうございます。
    「文化芸術発表支援」の詳細をご案内いたします。

    文化芸術発表支援のご案内(PDF)はこちら
    本支援のご利用申請書(PDF)はこちら

    【支援対象】
    ・対象施設:千葉市民会館(大ホール、小ホール)、千葉市文化センター(アートホール)、美浜文化ホール(メインホール、音楽ホール)、若葉文化ホール(ホール)
    ・対象期間:令和2年8月1日(土)~12月28日(月)まで 
    ※12月29日~31日は休館のため利用不可
    ・対象条件:「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律第2条第2項に規定されているもの」
    例:音楽、舞踊、演劇等の実演芸術
    ・対象者:対象条件を満たした催事、並びにそれに伴う練習利用者(団体・個人)
    ※利用申込時に、新型コロナウィルスに関する利用制限の対象となられている催事の主催者・出演者の皆様もお申込み頂けます。ただし、ご利用当日、利用制限が解除されていない場合、ご利用は無効となります。

    【支援対象外】
    ・催事を予定しない練習利用
    ・申請時に、新型コロナウィルスに関する利用制限の対象の催事 
    ※利用制限が解除された時点で申請可能
    ・上記の対象条件に該当しない利用(講演会、研修会、上映会、その他)
    ・対象施設(各ホール)以外の諸室利用(例:発表・公演・練習時のリハーサル室利用など)
    ・市条例に料金設定の定められていない備品等(例:バレエテープ・ピアノ足台・舞台人員増員経費等)
    ・公序良俗に反するもの。特定の政治家、政治団体、宗教に関わるもの。千葉市暴力団排除条例に抵触するもの。

    【支援条件並びに支援内容】
    〔発表・公演について〕
    ・支援対象期間内に、1施設1回限り(複数施設の利用不可)
    ・発表が連続して数日間開催される場合、1回と数えます。
    例:(9/15~16に2公演←2日とも対象/9/15公演、16休演、17公演←いずれか1日が対象
    ・施設利用料全額(基本料金、市外加算、入場料加算、営利加算、ホール楽屋使用料のすべて)
    ・附属設備利用料全額
    ※対象施設の数か所で複数回の発表を行う場合、1回分についてのみ申請することが出来ます。

    〔練習について〕
    ・練習の支援対象とは「発表会の開催・出演に伴う練習」に限られます。
    ・支援対象期間内に、各月1回限り(同月内で他ホールの併利用は不可)
    ・施設利用料全額(基本料金、市外加算、入場料加算、営利加算、ホール楽屋使用料のすべて)
    ・附属設備利用料金全額
    ※同月内に発表1回・練習1回は、それぞれが対象となります。(例:9月1日:練習、9月15日:発表)
    ※発表会が支援対象期間外であっても、練習日が支援対象期間内の実施であれば、支援対象となります。
    例:発表会 令和3年1月17日(日)・練習日 令和2年12月17日(木)

    【申請方法】
    〔7/31迄に既に対象期間内(8/1-12/28)の利用予約、利用申込済みの団体・個人〕
    利用日に別紙”文化芸術発表支援利用申請書”を利用施設に提出ください。お支払い済みの利用料金については利用日に返金いたします。

    〔8月1日以降に利用予約を行う団体・個人〕
    利用日ごとに受付期間・方法が異なりますのでご注意ください。

    ①利用日:令和2年8月1日(土)~8月15日(土)
    ・先着順の申込受付。(窓口、電話、FAX等で利用予約申し込み時、”当支援希望”の旨お知らせください)
    ・受付窓口で利用申込申請書の記入、提出ください。使用許可書を発行、お渡しします。

    ②利用日:令和2年8月16日(日)~8月31日(月)
    ・申込期間:受付期間8月1日(土)~8月14日(金)17:00迄
    (窓口、電話、FAX等で利用予約申し込み時、”支援希望”の旨お知らせください)
    ・利用希望日が重複した場合、8月15日に施設職員が厳正な抽選を行い、利用者を決定します。

    ③利用日:令和2年9月1日(火)~12月28日(月)
    ・申込期間:受付期間8月1日(土)~8月30日(日)17:00迄
    (窓口、電話、FAX等で利用予約申し込み時、”支援希望”の旨お知らせください)
    ・利用希望日が重複した場合、8月31日に施設職員が厳正な抽選を行い、利用者を決定します。
    ※8/16~31、9/1~12/28の各抽選後、利用日の近い利用者から、電話にて決定連絡をいたします。
    ※利用決定後は、受付窓口で”利用申込申請書”、”文化芸術発表支援利用申請書”を記入の上、ご提出ください。使用許可書を発行、お渡しします。

    【注意事項】
    ・本支援は、予算の範囲内で実施するため、予算の範囲を超えた場合は助成を受けられない場合があります。
    ・WEB予約について:令和2年8月1日(日)から8月31日(月)の期間、『ちば施設予約サービス』で対象施設(各ホール)のWEB予約は行うことが出来ません。窓口、電話、FAXでのご予約をお願い致します。

    Q&A (7月31日時点)
    ・感染症拡大防止のためのガイドラインとは何か?
    ⇒劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドラインのほか、クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインなど各団体で示されたガイドラインを想定しています。

    ・千葉市施設予約システムで、空いているのに、予約ができない?
    ⇒本支援の申し込みは、通常期と異なった取扱いとしております。システム上では、空き情報はご覧いただけますが、予約はできない方法としております。大変申し訳ございませんが、「申請方法」をご覧いただき、ご希望日に応じた手続きをお願いします。

    ・集会での利用を希望しているが、支援対象とならないのか?
    ⇒今回の支援は、新型コロナウイルス感染症への対策として、文化芸術の活動を後押しするためのものとして構築したものです。このため、本支援の対象を、音楽などの実演芸術に限定しておりますので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

    ・支援対象とならない場合、申し込み手続きは、どのようにしたら良いのか?
    ⇒8月中は、本支援の予約受付期間と重なることから、大変申し訳ございませんが、窓口・電話・FAX等のみでの予約受付となります。また、ご希望日が、本支援対象の方と重複する場合は、抽選となりますので、直ぐにご利用日が確定しませんので、ご留意ください。なお、9月1日以降に予約申し込み手続きを行う場合は、通常どおり千葉市施設予約システムで受付することが可能です。

    ・支援対象となると思うが、既に利用申し込み手続きを行っている。改めて手続きが必要になるのか?
    ⇒既に申し込み手続きを完了している方は、あらためて手続きは必要ありません。また、本支援の対象となる方については、ご利用日にお支払い済みの利用料金をご返金いたします。

    ・公演を行う予定であるが、土日の2日間の開催としている。この場合、支援対象は1日分だけなのか。
    ⇒公演や発表の実態を踏まえ判断することになりますが、2日公演など、元々連続した公演等で実施しているのであれば、2日間分を1回として、本支援の対象といたします。

    ・公演の開催を令和3年2月に予定しており、そのための練習を支援対象期間となる12月に予定しているが、その場合は対象となるのか。
    ⇒発表や公演を前提とした練習であれば、対象となります。但し、練習に関する支援対象は月1回となりますので、実施にあたってはご留意ください。

    ・抽選を立ち会わずに行うのはなぜか?
    ⇒本支援は、新型コロナウイルス感染症への対策として実施するものであるため、リスクを回避するため、抽選へ立ち会いは不要としていますので、ご理解くださいますようお願いします。

    ・抽選はどのように行うのか?
    ⇒施設側で、パソコンのソフトウェアを活用した抽選などを予定しています。公開はいたしませんが、抽選にあたっては、複数人で行うなど、公正性を確保いたします。

    ・既に支援対象となる練習を予約済みであるが、同一月の別日に申し込んだ場合は、両方とも支援対象となるのか?
    ⇒既に支援対象となる練習を以って、月1回とカウントすることから、同一月での別日の申し込み分は支援の対象とはなりません。

    ・令和3年1月に発表会を予定しているが、今後、支援が延長される可能性はあるのか?
    ⇒現時点では延長の予定はありません。本支援は新型コロナウイルス感染症に伴う対策として実施しているものであることから、今後とも、感染状況を踏まえた支援について、検討してまいります。

Translate »